【大井競馬】東京プリンセス賞 予想

東京プリンセス賞2019の予想となります。

 

南関牝馬クラシックの2戦目となります。

 

気になるところはトーセンガーネットの2冠を取るのか、はたまた他の馬が2冠を防ぐのか注目の1戦です。

 

それでは早速予想に入っていきましょう。

 

本命:
地方競馬ランキング

本命はこちら。
調教も見ましたが、本命は本馬。
3歳の牝馬では能力が抜けており、馬場が変な偏りになっても勝ち負けが期待できる。
月曜時点での馬場は圧倒的に逃げ有利の馬場で本馬は最終コーナーでは先頭近くに来ていることが多く、馬場の恩恵も受けられて圧勝まである。
積極的な騎乗をする本騎手もプラス材料。調教もよく、勝ち負けだろう。
懸念材料としては大井競馬場への適性だろう。
小回りの浦和競馬場で圧巻の走りをしていても、大井競馬場で惨敗などはよくある話。
去年の東京プリンセス賞もプロミストリープが桜花賞を勝ち、単勝1.2倍で負けており、過信は禁物だろう。
それでもプロミストリープは2着には来ていたので、
トーセンガーネットも負けても2着には来るだろう。

 

対抗:アークヴィグラス
主戦は瀧川騎手でしたが、今回森騎手となりました。
前走は大外からの競馬で控えた形での追走でしたが、先行していたトーセンガーネットがあがり最速でぶっちぎったので、出る幕がなかった形。
また外よりの枠ではあるが、今回は舞台がかわり、どうなるか。
能力的にはトーセンガーネットと変わらないと見ている。

 

3番手:ゼットパッション
前走は2着は評価できる内容。先行でき、堅実な脚を使えるのが強み。持ち時計だけみると強くは見えないかもしれないが、毎回しっかりと伸びており、距離延長は本馬には有利に働く。
大型馬なので、最後の直線で一番伸びて来るのは本馬と見ているため、期待したい。

 

4番手:ダバイダバイ
正直勝ち負けはどうかと思いますが、3着までならあると思い、印を打ちました。
前走は1枠と有利な枠でスムーズに進めたにもかかわらずの負けなので、能力不足に感じました。

 

5番手:グレースレジーナ
穴として、面白いのは本馬。毎回堅実な脚を使ってきており、内枠を使い、足をしっかりためれたら差してきてもおかしくないだろう。

 


地方競馬ランキング
〇アークヴィグラス
▲ ゼットパッション
△ダバイダバイ
× グレースレジーナ

 

【買い目】※参考となります。

〈本線〉

◎⇒〇 ワイド1点

◎⇒〇▲△ 馬連3点

〈ボーナス〉
○▲→◎ 馬単2着

◎⇒印 3連系

 

少しでも皆さまの予想の参考になれば嬉しいです。

 

それでは良い競馬ライフを!

 

↓良かったらクリックをお願いします↓
※モチベーションがすごく上がります。

最強競馬ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*