【船橋競馬】ダイオライト記念2019 予想

2019年3月13日に開催されるダイオライト記念2019の予想になります。

 

14頭立て2400mで実施されるレースです。

 

地方競馬で実施されるダートグレード走はJRA勢が上位に来ることが多いですが、今回は地方勢もサウンドトゥルーやハセノパイロ、ヤマノファイトなど馬券内にきてもおかしくないメンバー。

 

馬券を買うに当たって、地方馬のメンバーをどう絡めていくかが鍵になるだろう。

 

それでは予想に入っていきます。

 

 

本命:チュウワウィザード
前走の東海テレビ杯はフェブラリーSを制したインティに0.3秒差。
単純に比較はできないが、インティとの差がこのくらいだとするとフェブラリーSでも馬券内に来ていたくらいの実力があることになる。
おそらくレース自体はチュウワウィザード含む上位勢が後続を引き離した形で第4コーナーをむかえるだろう。
そのため、1枠1番でもしっかりと脚をためてレースができ、不安はないはず。
鞍上も川田騎手と好材料。ここは勝ち負けだろう。

 

対抗:ミツバ
このメンバーを考えると本馬はやはり能力的に上位。
前走の川崎記念はケイテイブレイブを破っての1着。
これは素直にミツバを評価して良いだろう。
ケイテイブレイブもチャンピオンズカップの時のような調整ミスもなく、能力を出したので、ミツバ〉ケイテイブレイブと考えても良いはず。
今回は大外枠の14番。長距離レースで大外枠は終始大外を走らされ、最後の直線で伸びないってことはよくある話。
ここは鞍上の和田騎手が道中いかにうまくレース運びをして、脚を残せるかが鍵になってくるだろう。
枠の不利を考えると対抗どまりになった。

 

3番手:
地方競馬ランキング
ここは地方馬より選択。
本馬は元JRA所属ということもあり、JRA勢とは差がないとみていい。
本馬はスタミナも豊富で前走も最後の追い込みまでしっかりと脚を使えていたので、
今回の距離も問題なく、最後の直線で伸びてくるはずだ。

 

4番手:オールブラッシュ
昔は先行型だったが、差し競馬を覚えてからはしっかりと最後の直線で伸びてくるようになっているので、
船橋競馬場は合っているはずで、コース替わりはプラスと見ていい。
鞍上も引き続き田邊騎手でこちらもプラス材料。

 

5番手:ヤマノファイト
前走は最後伸びが欠けており、バテた様子もあった。
距離では2000mくらいがベストだとは思うが、1ハロンの短縮はプラス材料。
勝ち負けまでは難しいかもしれないが、うまく先行でき、スムーズな競馬をできればおもしろいかもしれない。

 

【印】

◎チュウワウィザード
〇ミツバ

地方競馬ランキング
△オールブラッシュ
× ヤマノファイト

 

【買い目】※参考となります。
◎⇒〇   ワイド1点
◎⇒〇▲△ 馬連3点
◎⇒印   3連系

 

少しでも皆さまの予想の参考になれば嬉しいです。

 

それでは良い競馬ライフを!

 

↓良かったらクリックをお願いします↓
※モチベーションがすごく上がります。

最強競馬ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*