【中央競馬】根岸ステークス 予想

2019年1月27日 東京競馬場で行われる根岸ステークスの予想です。

ダート1400mで行われる16頭立てで行われるレースとなります。

ダートだが、追い込みが決まる珍しい傾向があるレース。

開幕週の東京の馬場や適性をしっかりと見極める必要があるレースとなります。

それでは、予想に入っていきましょう。

まずは傾向から。

(1)枠順別傾向

明らかな有利不利というのは見受けられないので、
比較的フラットといえます。

(2)前走別成績

武蔵野ステークス、チャンピオンズカップ組が好走していますね。
エルムステークスは1頭だけなので、度外視ですね。

(3)1番人気の過去成績

2015年からは連対してますが、それまでは
複勝も外したりしてるので、1番人気に過度な期待はしないほうがいいかもしれません。

(4)脚質別傾向

ダートでは珍しく、追い込みが一番高い数字になってます。
ただ本日の馬場は水分が少なく、乾燥した馬場。
パワーが要求されるはずなので、来年の追い込みが決まりやすいとはならない可能性には要注意です。

これらを踏まえていきます。

本命:サンライズノヴァ
東京ダートの実績、能力を考えると逆らうことはできない。(東京ダート1400m2-2-0-0と連対率100%)
パワー馬場に合うかどうか疑問視すらかもしれないが、
1400mなら問題ないはず。

対抗:ユラノト
枠順、馬場を考えるとこの馬にとって有利なはず。
重い馬場でもしっかりと脚を使える馬。
鞍上のルメール騎手とも合うはず。

3番手:コパノキッキング
人気どころばかりになってしまってますが、
現状の馬場を考えるとやはり外せない。
本馬は1200mがベストであり、距離延長は歓迎ではないが、マーフィー騎手の性格を考えると早めに仕掛けにいくはず。その場合残ることは考えられるため、3番手とした。

4番手:キタサンミカヅキ
現状の馬場には合っており、コパノキッキングが来た場合、本馬も来てるはず。
鞍上も引き続き森騎手なのも良い。

おさえ:ワンダーリーデル
能力面は不安があるが、本馬は長く良い脚を使えるので、現状の馬場に合っている。
穴馬としては面白いかもしれない。

◎ 12 サンライズノヴァ
○ 2 ユラノト
▲ 11 コパノキッキング
△ 15 キタサンミカヅキ
× 9 ワンダーリーデル

【買い目】※参考となります。
◎→○ ワイド1点
◎→○▲ 馬連2点
◎→印 3連系

少しでも皆さまの予想の参考になれば嬉しいです!

それでは、良い競馬ライフを!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*