【中央競馬】アメリカンジョッキークラブカップ(AJCC) 予想

2019年1月21日中山競馬場で行われるアメリカンジョッキークラブカップの予想です。

芝2200m11頭立てで行われるレースとなります。

中山芝2200mでは外回りのコースが使われることになり、例年中山巧者が活躍するイメージがあるレース。

それでは、予想に入っていきましょう。

まずは少しだけ傾向を見ていきましょう。

※データは過去10年になります。

(1)枠順別

こちらは複勝率でみると7枠、8枠が少し低いですが、他は特段有利不利はあまりないようにみえます。

(2)年齢別

こちらは4歳、5歳が有利になる傾向です。

これらを考慮しますと

本命:フィエ―ルマン
中山の重賞実績があるわけではないですが、調教も悪くないですし、
能力的には今回No1と思います。
同じ菊花賞組のグローリーヴェイズが先週の日経新春杯で勝っていますし、
菊花賞組のレベルは高かったと思います。

対抗:ダンビュライト
昨年のAJCCの勝ち馬。昨年のAJCC以降は消化不良なレースが続いているが、
産経賞オールカマーでは3着と中山巧者であるのは間違いないはず。
今回は11頭立てでレース運びがしやすいはずであり、好走が期待できるはず。

3番手:ジェネラーレウーノ
昨年の京成杯1着、皐月賞3着、朝日セントライト記念1着と中山重賞実績は1番の本馬。
前回の菊花賞はレース展開が特殊で本馬には向いていない展開であったので、気にしなくていいだろう。
得意な中山の距離になり、好走が期待できる。
1枠ということで少し割り引き、3番手とした。

あとは、ステイインシアトル、サクラアンプルールをおさえておく。

◎4 フィエ―ルマン
〇5 ダンビュライト
▲1 ジェネラーレウーノ
△7 ステイインシアトル
×11 サクラアンプルール

【買い目】※参考となります。
◎⇒〇 ワイド1点
◎⇒〇▲ 馬連2点
◎⇒印 3連系

少しでも皆さまの予想の参考になれば嬉しいです。

それでは良い競馬ライフを!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*