【浦和競馬】1月10日11R 新春賞 予想

浦和競馬 11R 新春賞1,400mの予想です。
※追記:1月10日12時変更あり

本命:5ジュンザワールド。
近走は芝を走っていたが、元々はダートを走っていた馬。
ダートでは500万の勝利実績もあり、ここは好走が期待できるのではないでしょうか。
芝でも中山で3着に入っており、パワー型でやはりダートのほうが適性はある。
森騎手が騎乗するのも期待できる点です。

対抗:3ロードフォワード
前走は8着と残念な結果ではあったが、2走前は浦和競馬場で見事な差し切り勝ち。
こちらもJRAの実績としては1000万条件の勝利や1600万条件の2着など十分といえる。
大井競馬場より小回りがきく浦和競馬場の方が合っているはず。

3番手:9ラズールリッキー
こちらは基本的に芝を走っていた馬。
ただダートも走ったことがあり、1600万条件で2着の実績がある点は評価できる。
枠は7枠ではあるが、先手をうまく切れればそのまま逃げ切りもありうるのではないでしょうか。

4番手:7シークロム
こちらは短距離が印象深い馬で、浦和競馬場でも好走していないが、スピードはピカイチ。
スピードを活かし、ハナを切れれば残ることも考えられる。

◎5ジュンザワールド
〇3ロードフォワード
▲9ラズールリッキー
△7シークロム

【推奨買い目】
◎⇒〇のワイド1点
◎⇒〇▲△の馬連3点

少しでも予想のお役に立てれば嬉しいです!

それでは良い競馬ライフを!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*